調査結果サマリー

  • ・20代女性の4人に1人は、クリスマスの思い出を「Instagram」に投稿
  • ・3割近くがクリスマス時期になると、SNS投稿をより意識する
  • ・クリスマスのレストランは、6割以上がスマートフォンで決める

パーティやイベント、デートなどクリスマスの思い出を投稿するSNSとして「Twitter」を挙げる人が最も多く(33.0%)、次いで「Facebook」(23.3%)、「LINEのタイムライン」(22.7%)、「Instagram」(15.7%)でした。
20代女性だけで見ると、「Twitter」(46.1%)を挙げる人が最も多いという結果は同じでしたが、次いで多かったのは「Instagram」(26.1%)でした。

クリスマスの過ごし方の変化(n=661)

*

まとめ

3人に2人がクリスマスのデートプランのために、スマートフォンで情報収集していると回答。同時に、魅力的な提案ができるようになったという回答も3割を超え、クリスマスを成功させる方法として、ネット上の情報が頼りにされているという実態が明らかになりました。

Fastaskでは、このような調査を行うため、アンケートを配信しています。
日々の生活で気付いたことや感じたことなど、あなたの意見を聞かせて下さい。

他の集計結果